タトゥーのような筒描き/染裂澤田.homepage.jp

染裂澤田.homepage.jpHOME > タトゥーのような筒描き

タトゥーのような筒描き

風呂敷の筒描きは、まるで入れ墨の様です。
糊で防染した内側を猪の毛を使った刷毛で
こするように色をさす。
塗るではなく、さすと言った方が近い気がします。
生地の中まで入り込んだ色が発色した時、
色に命が宿るようです。
糊は、ゴム糊ではなく、うるち糊に食紅を入れた
本当の友禅糊。
生地は木綿ではなく、しぼの深い鬼しぼ縮緬。
私がこの仕事をして行こうと決意したきっかけが、
筒描きの風呂敷でした。
 
この筒描きの凄味を風呂敷だけではなく、何かもっと
他のものに、物を包むものではなく、身にまとうもの。
たとえば、漁師が大漁を祝う時にまとう、
萬祝いという大きな半纏。
厄年に魔を跳ね返す結界として身にまとうもの
還暦を祝う男の晴れ着
そのような物を作ってみたいなあ
と最近考えています。

皆様、厄年に着て下さいますか?