染裂澤田.homepage.jp/4.手拭い

染裂澤田.homepage.jpHOME > 4.手拭い

てぬぐいの語源

2006年07月19日

手拭の語源は、たのごひ(太乃己比)で

「た」は手、「のごひ」は拭うこと。

もとは、神仏に対して、身体或は器具を
清めるものであったそうです。

てぬぐいの素材

2006年07月18日

最初の素材は、麻でした。
麻はクワ科の一年生植物で
古い時代から使われておりました。
しかし、綿は栽培されておらず、
高価で貴重な輸入品だったのです。

輸入品で高価であった綿も、
国内各地で栽培され始め、江戸時代に入ると
庶民にも手に入りやすくなり、大発展を遂げました。

てぬぐいの仕様

2006年07月17日

国内で綿が栽培され、晒木綿の反物が流通しだし、
木綿売りの行商人が、お客様の求めに応じて、
小刀で的確に切って売っていました。
いまもその時代のまま、手拭は切りっぱなしが
正式とされています。きりっぱなし.jpg

実用品の美しさ

2006年07月16日

手拭とは、巾35センチ、長さ1メートル足らずで、
端が切りっぱなしの木綿の布裂れです。
実用品でこれよりシンプルなものは、他にはありません。
しかも神聖な語源を持ち、日本の伝統を受け継いだ
すばらしいものです。

てぬぐいが滅びなかった理由

2006年07月07日

てぬぐいが滅びなかった理由は、
意匠に強烈なメッセージがこもっているからです。

高名な絵師の筆によるデザインが、
今日、残っているのではありません。
名もない職人によって下絵が描かれ、
名も残らぬ職人の手で染められた安価な手拭の数々が、
時代を超え、古びるどころか、どこかモダンな姿で、
私達の手元に残っております。

意匠 豆絞り

豆絞りという手拭の代表的な柄は、
一見すると、西洋柄の水玉模様ドットに見えます。
しかし、豆絞りを良く見ると、不揃いの豆粒が、
縦に正しく繋がって並んでいます。

それは、
子孫が途切れずに何世代も繋がっていきますようにと、
子孫繁栄の切なる願いがこもっているのです。まめ.jpg

意匠 そろばん玉

そろばん玉という柄は、
商人(あきんど)の象徴であるそろばんをモチーフに、
きっちりとそろばんの玉が、途切れずに並んでいます。

あきないに損得はつきものですが、
どうぞそろばん勘定が合いますように、
代々商売が続いて行きますように

という思いが込められています。
そろばん.jpg