染裂澤田.homepage.jp/2.歴史

染裂澤田.homepage.jpHOME > 2.歴史

澤田 清蔵

2006年09月28日

 明治生まれの私の祖父、澤田清蔵が雪深い富山から
京都の友禅工場へ奉公に上がったのは14歳の時でした。
大人に混じり、友禅台に届かぬ身に高下駄を履いて、
型を運んだり、洗ったりの仕事は少年にとって
とてもきつい仕事だったそうです。

染裂 澤田のルーツ

 お金の苦労を味わってきた祖父は、
このまま職人をしていても駄目だ、商売をしよう
同郷の人たちに手伝ってもらい、大正3年に澤田産業という
会社を設立したのが、染裂 澤田の始まりです。

商売の鬼

sofuyu-ji.jpg
商売の鬼とまで言われた祖父ですが、私の記憶の中では、
塩昆布を炊くのが得意で、囲碁がめっぽう強く、
酔うと人前でも大声で、同じ歌を何度も何度も歌って
迷惑がられていた姿しか目に浮かびません。

今にして思えば、三人兄弟の中で私を一番かわいがってくれた祖父。
その面影が、私の商売へのこだわりなのかもしれません。